歯周病のメインテナンス|御茶ノ水駅・小川町駅B4・A7出口上がってすぐの歯医者

塚原デンタルクリニック
  • 電話番号03-5289-4555
  • 採用情報はこちら
  • Facebookへのリンクはこちら

topics

歯周病のメインテナンス

メインテナンスとは、歯周病の再発を防止し、健康な状態を維持していくための定期的な治療のことです。

どんな治療を行っていても、最終的には全て、メインテナンスにいきます。

歯周病にとってこれが大変重要で、メインテナンスを目標に治療が行われるのです。

歯周病は主に口腔内の細菌によって発病する疾患であるため、この細菌を生涯除去し続けることが歯周病を予防し、お口の健康を維持するために必要となります。
細菌の集団であるプラークは、毎日の適切なブラッシングでほとんど除去することができますが、深い歯周ポケット内や歯並びの悪い所にある細菌はブラッシングでは取りきれません。

歯科衛生士による専門的なクリーニングが必要になります。

治療により改善されても、一度歯周病に侵されたところは、元通りにもどっているわけではなく、ほとんどが、歯と歯肉が弱い結合で治っているにすぎないのです。

ブラッシングが不十分であったり、メインテナンスを怠ると容易に再発します。

また、治療の限界のため、部分的に治りきらない部分もメインテナンスを継続することにより、歯周ポケットの進行を防ぐことができるのです。
メインテナンスでは、何をするのでしょうか?

歯周組織検査(レントゲン検査、歯周ポケット測定、歯の動揺度)

ブラッシングの再確認

かみ合わせのチェック

生活習慣指導

クリーニング

抗菌剤やフッ素の塗布

など

前にも述べたように歯周病は “静かなる疾患”といわれ、患者さん自身が再発や進行を自覚することは困難です。

そのため、歯を失わないためにも、トラブルを感じなくても定期的(3~6ヶ月毎)に歯科医院でメインテナンスを受けることが必要です。

ページトップへ