歯根の病巣を摘出後、組織再生用法で治療した症例|御茶ノ水駅・小川町駅B4・A7出口上がってすぐの歯医者

塚原デンタルクリニック
  • 電話番号03-5289-4555
  • 採用情報はこちら
  • Facebookへのリンクはこちら

topics

歯根の病巣を摘出後、組織再生用法で治療した症例

PRGFで組織再生を行った患者さん(男性)の症例をご紹介します。

右上の1番(前歯)から膿がでるということで通院中の歯科に相談したところ、抜歯してインプラントを入れるということでした。

右上の1番は変色しています。

しかし、患者さんは ”インプラント以外の他の治療法がないか?” ということで当院に来院されました。

根の治療をやり直した後、外科的に病巣部と根の先の一部を切除、掻爬し根の先は特殊なセメントで封鎖しました。

摘出した後の欠損部に人工骨とPRGFを使用し、その上からさらにPRGFの膜を置き、閉鎖しました。
%8D%82%94%F6%81%40%87F.jpg

歯や歯肉の状態が落ち着いたため、土台と冠(差し歯)を作成しました。
自分自身の歯とわからないくらい自然に仕上がりました。

歯の根は短くなっているため定期的な検診が必要ですが、ご自身の歯を残せることになり、現在特に問題なく、患者さんも喜ばれています。

ページトップへ