あなたの歯は完成品ですか?(1)|御茶ノ水駅・小川町駅B4・A7出口上がってすぐの歯医者

塚原デンタルクリニック
  • 電話番号03-5289-4555
  • 採用情報はこちら
  • Facebookへのリンクはこちら

topics

あなたの歯は完成品ですか?(1)

こんばんは、技工士の面川です。
今回は仮の歯の話です。

お口に大きな虫歯が出来てしまった場合――、
その歯をたくさん削ることになります。

歯をたくさん削ってしまうと、歯の形が無くなってしまいます。
その時、 『仮の歯』 を入れることがあります。
――もしかして、

『仮の歯』 のまま、歯医者さんに行かないで
過ごしてしまっていたり、しませんか?

『仮の歯』 は、いわゆる 「すぐにかたまるプラスチック」 で作ることが多いです。

上記写真:右側の上の小臼歯と大臼歯の部分が 『仮の歯』 です。

この、 「すぐにかたまるプラスチック」 は、完成品としての硬さや、
強度は持ち合わせておりません。
あくまで、 『仮の―』 ものなのです。
ちょっと 「完成品によく使われるプラスチック」 と、硬さや強度を比較してみましょう。
硬さ(HV0.2)   曲げ強度(MPa)
すぐにかたまるプラ   12            78
完成品用のプラ     100           120

 ※数値は各材料の使用書より借用。

わかりやすく、切りよく言うと、

硬さの面では約 10 倍、
強度の面では約 2 倍という、大きな違いがあります。

他にも大きな違いは多々ありますが、まず今回はこの 『材料の物性』 について、ですね。

完成品は5年から10年程度使用することを目標として、それに見合う的確な材料を使用して製作されますが――、

『仮の歯』 は、
その完成品を入れるまでの、2週間から約半年を使用期限として作られています。
製作する為にかける時間も、完成品とは全然違います。

ぱっと作って、短い期間しか使用しないので、この物性でも十分なんです。
それじゃあなんですぐに使わなくなるのに入れるの?
それは必要だからですね。
それについてはまた今度、ということで。
次の更新を少々お待ち下さい。

あくまで、 『仮の歯』 は、
完成品を入れるまでの間の 『仮の―』 ものです。
はやく完成品と取り替えてしまうのに、こしたことはありません。

「一度、予約をキャンセルしてしまって、行きにくいな~。」
など、感じている方もいらっしゃると思いますが、まずは当院にお電話を。

受付のスタッフが優しく対応致します。

ページトップへ