歯科でのCAD/CAMってなあに?|御茶ノ水駅・小川町駅B4・A7出口上がってすぐの歯医者

塚原デンタルクリニック
  • 電話番号03-5289-4555
  • 採用情報はこちら
  • Facebookへのリンクはこちら

topics

歯科でのCAD/CAMってなあに?

こんにちは。歯科医師の森田です。

CAD/CAM(キャド/キャム)とはエレクトロニック技術により、グラフィックイメージを作製したり修正したりするコンピューターシステムの総称です。
メカニカルデザインの設計や、製造過程に使用されます。

CAD/CAMは、製造機械と連結することによって、自動車などのパーツをCAD/CAMを利用したディスプレイ上で設計して作製することができます。

この技術を歯科のインプラント治療に応用して、患者さんの骨に最適かつ最小限に埋入されたインプラント体に連結させる金属フレームシステム 『ISUS(アイサス)』 が近年発表されました。

当院でもこの技術をいち早く取り入れ、従来の技術では困難とされた多種多様なインプラント体の連結を可能とする、カスタムメイドの金属フレームを使用した治療を行っております。

複数の歯の欠損が存在する患者さんにおいて、埋入されたインプラント体に最適なアバットメントブリッジ(人口の歯を装着するためにインプラント体に連結される支台装置のブリッジ)や

バーブリッジ(インプラント体の上部に入れ歯を固定するバー)をチタンまたはコバルトクロムで安価に高精度に作製することが可能となりました。
もしインプラントの治療について興味がある方や、
すでにインプラント治療を行った方でも、これらのシステムにご興味のある方は当院までご連絡下さい。
しっかりとご相談にのります。

ページトップへ