6歳の男の子の抜歯|御茶ノ水駅・小川町駅B4・A7出口上がってすぐの歯医者

塚原デンタルクリニック
  • 電話番号03-5289-4555
  • 採用情報はこちら
  • Facebookへのリンクはこちら

topics

6歳の男の子の抜歯

こんにちは。

JR御茶ノ水駅から徒歩7分、地下鉄新御茶ノ水駅 B4出口より徒歩1分の歯医者 塚原デンタルクリニックです。

 

さて、今日は勇気ある男の子の抜歯のお話。

近頃の子供は、食事が柔らかいもの(軟食)ばかりなので、顎があまり発達しておりません。一瞬、「小顔でいいじゃない」と思われるかもしれませんが、一つ問題が起こってきます。

それは大人の歯が全て入らないという問題です。

昔は「八重歯は可愛い」という時代でしたが、今は「歯並びが綺麗」なのは当たり前の時代。ですので、わが子の歯並びには、とっても気をつけている親が多いです。(小さいころから歯を気にしていただけることは、長い人生でとっても大切なことですし、私どもにとっても喜ばしいことです)

 

そして今回の6歳の男の子は顎が小さく、このままだと大人の歯が生えるスペースがなくなる可能性大でしたので、また大人の歯が通常よりも3本多かったので、乳歯2本、過剰歯2本、計4本の抜歯をしました。

4%e4%ba%ba%e3%81%8c%e3%81%8b%e3%82%8a%e3%81%a7

 

 

 

 

 

 

体が動いて他のところが傷つけてはいけないのので、一人は体を固定して、もう一人は口が閉じないよう口を押さえ、一人は補助、一人は先生で抜歯。計4人がかりで、無事に抜歯をしました。

 

Rくんは、診療中は平然としておりましたが、終わってお母さんの顔みたら涙があふれてきました。

 

うん!Rくん、よく頑張ったよ!!おかげで抜歯はやりやすかったそうです。

 

子供の顎の発達には、「よく咬むこと」が重要になってきます。

そういえば、小さいころ「煮干し」をよく食べさせられていた記憶があります。。。

 

子供の矯正治療=顎顔面矯正に関してはこちらをご覧下さい。

 

ページトップへ