『はじめてママ&パパのすくすく幼児食』baby mo 2016年11月発刊|御茶ノ水駅・小川町駅B4・A7出口上がってすぐの歯医者

塚原デンタルクリニック
  • 電話番号03-5289-4555
  • 採用情報はこちら
  • Facebookへのリンクはこちら

topics

『はじめてママ&パパのすくすく幼児食』baby mo 2016年11月発刊

あけましておめでとうございます。

すでに1月13日になってしまい、ご挨拶が遅れて申し訳ございません。

さて最近の子供の食事、軟食(やわらかい食べ物)になってきているので、顎の成長が十分でなく、大人の歯が全て生えるスペースがない状態になるお子さんが多いです。

大人の歯が全て生えてからの矯正だと、スペースが十分確保できないので、抜歯するケースになることが多いです。ですが、7歳~9歳の時期、大人の歯が生え始めての時期に、顎を広げる矯正=顎顔面矯正を行えば、多くの場合、大人の歯が全て入るスペースを確保できるようになります。

(※骨格などの問題で、スペース確保が難しい場合もあります)

 

そこで、「幼児食」がいかに大切かになってきます。

当院の院長 塚原が来院する子供の顎・口腔内を診ていて、「幼児食」の大切さ常日ごと感じております。

縁あって、ベビモの『はじめてママ&パパのすくすく幼児食』に掲載させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

「かむ力を育てるために幼児期に気をつけたいこと」

 

 

 

 

 

大人になってもそうですが、幼児の時から

「よく咬むこと」は重要なんです!

 

最近では煮干しなんて食べている子供いませんよね。

私が小さい時は食べておりました。あの堅い煮干しも顎の発達には一役かっていたのですね。

 

2017年も皆様にとって健やかに過ごせるよう

お祈り申し上げます。

 

 

塚原デンタルクリニック スタッフ一同

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ