顎関節症について|御茶ノ水駅・小川町駅B4・A7出口上がってすぐの歯医者

塚原デンタルクリニック
  • 電話番号03-5289-4555
  • 採用情報はこちら
  • Facebookへのリンクはこちら

topics

顎関節症運動療法ハンドブック

2014年7月に発売された『顎関節症運動療法ハンドブック』の中に当院の院長が書いた記事があります。P.52から「当院の典型例にみる運動療法の効果」です。専門書なので、一般の方は手に取ることはないと思いますが、Amazonでも売っているみたいですよ(笑)続きを読む

顎関節学会のシンポジウム

2011年7月23、24日に広島で行われた第24回日本顎関節学会総会にシンポジストとして参加してきました。シンポジウムのテーマは一般臨床医における顎関節症の治療の現状:診断と治療の要点は?というもので、そのなかで、TCHと運動療法について講演を行いました。TCHとは、Tooth Contacting...続きを読む

関節鏡視下手術

症状別 顎関節症 ”口が開かない!”の続編で、特殊な治療法についてお話したいと思います。パンピングマニピュレーションや関節腔洗浄療法を行っても症状が改善しない場合には、関節鏡という内視鏡を使った手術(関節鏡視下手術)が必要になることがあります。内視鏡を使った手術は、できるだけ患者さんの体の負担や侵襲...続きを読む

症状別 顎関節症 ”その他の場合”

あごの痛みや、音、開口障害以外の症状があって、顎関節症かどうか心配している方はいらっしゃいませんか?顎関節症の3大症状以外にも、いろいろな症状があるのですが、顎関節症以外の原因でもでますので、注意が必要です。① かみ合わせがおかしい!今までのかみ合わせが急に変わって、左右のどちらかがかみ合わせにくく...続きを読む

症状別 顎関節症 ”音がする!”

”音がする!”食事をしている時、大きな口を開けたり、あくびをした時に顎関節の周囲で音がすることがありませんか?これも、顎関節症の症状のひとつです。音にもいくつかの種類があり、関節の中の変化を反映している可能性が高いですが、顎関節の状態が正常であってもする場合があります。また、顎関節症以外の原因で音が...続きを読む

症状別 顎関節症 ”口が開かない!”

口が開かない!大きく口を開けた時、揃えた指が縦に楽に3本入れば、口は十分開いています。それ以下で、患者さん自身が日常生活に不自由を感じていたり、痛みを感じていたりする場合は、開口障害と言い、顎関節症の主な症状の一つです。また、口を開ける時、まっすぐに開かずにまがってしまったり、無理すれば開くけれどひ...続きを読む

症状別 顎関節症 ”あごが痛い!”

顎関節症かな?と思ったら・・・顎関節症には、主に『痛み』『音』『口が開かない』という症状があります。症状の出かたは、患者さんによって異なり、単独で出る場合といくつかの症状が組み合わさって出る場合があり、複雑です。わかりやすくするために、症状ごとに順次解説したいと思いますので、ご自分に当てはまる症状に...続きを読む

顎関節症と間違えやすい病気は??

顎関節症と似た症状の病気はたくさんあります。それらをきちんと鑑別して診断しておかないと治る病気も治らない結果につながってしまいます。顔面に痛みがでる病気ムシ歯や歯性感染症副鼻腔炎(蓄膿症)など鼻性の疾患中耳炎など耳疾患脳腫瘍などの頭蓋内の疾患三叉神経痛などの神経疾患頭痛などなど口が開けづらくなる病気...続きを読む

顎関節症の治療は?? (1)

最近、顎関節症は生活上のいろいろな因子が症状の出現に関係することがわかってきました。顎関節の症状の改善には歯科医院に通っておこなう治療もありますが、それ以上に重要なのは自宅で自らが行う家庭療法や日常生活での注意事項です。原因や症状は患者さんそれぞれ違うものですので、 患者さん自身がセルフマネージメン...続きを読む

顎関節症の治療(2) 日常生活での注意!

日常生活での注意は次のようなことです。1)一般的注意* 関節や筋肉を冷やさないようにしてください。* 歯の食いしばりを必要とするような動作は避けてください。* 急に顎を動かす動作は避けてください。* あくびをするときには大きく口を開けないようにしましょう。* 関節や筋肉が疲労するので長時間の会話や、...続きを読む

顎関節症の治療(3) セルフマネージメント

顎関節は生活上のさまざなま因子が症状の出現に関係することがわかってきたことから、生活習慣病として考えるようになりました。病院に通えばよくなるということではなく、患者さん自身が病気を理解して、自分で気をつけ、自分で症状を管理するということが可能なのです。歯科医やその他の専門家と相談することが必要ですが...続きを読む

??顎関節ってどーなってるの??

関節はユニークな動き方をします。顎関節は食べたり会話したりといった下あごの運動の蝶つがいになる関節ですが、本当の蝶つがいのように回転運動だけをする関節ではありません。関節の軸になっている下顎頭が大きな口をあけるときに前方に移動するという特殊な機能をもっています。関節円板はクッションの役割をします。大...続きを読む

顎関節症ってどうしてなるの??

以前は、ある特定の要素に原因を求めて研究がなされてきましたが、ひとつの原因ではすべての顎関節症の発病を説明することは困難でした。そのため、誰にでも共通する強力な1つの原因を考えるのではなくて、患者さんごとに特有の因子を考えるようになってきました。患者さんは、ひとりひとり遺伝による影響を受けた体質や性...続きを読む

顎関節症かな?こんなことしてませんか?!

あごの関節や筋肉に影響するかもしれないと疑った要因にはこんなことがあります1. 日中、ふと気づくと上下の歯をがっしりとかみ合わせている。2. 寝ている間に歯ぎしりやくいしばりをしている。3. 仕事での会議や接客業務で、緊張の持続する時間が長い。4. 勉強やOA機器の使用で長時間机に向かっているが、姿...続きを読む

顎関節症”症状のでる人・でない人?!”(1)

では、それぞれが何らかの因子を持っているにもかかわらず、どうして症状の出るひととでないひとがいるのでしょう?人によって関節や筋肉に負担をかける要因の種類やその強さが違います。また関節や筋肉の構造そのものにも、人によって耐久力の大小があります。このことを図のように積み木にたとえてみると、積み木の1つ1...続きを読む

顎関節症”症状のでる人・でない人?!”(2)

同じ積み木の高さでも個人の耐久力の差があれば、症状のでる人とでない人がいます。※積み木の種類や大きさは、個人によって変わります。 続きを読む

ページトップへ