ACTIVITY

執筆論文

執筆論文(1990~1995年)

●1991年7月
 「口腔扁平上皮癌患者に対する術前MF療法の検討」
 (共著) 草間幹夫・岩本紀久・塚原宏康・岸豊子・堀越勝・阿部和夫
      稲垣由香・藤林孝司・榎本昭二・松本堅太郎
 【日本口腔外科学会雑誌】37巻7号(1336-13647p)

●1992年
 「若年発症顎関節症の臨床検討-最終治療終了後のアンケート調査による症状の変化について-」
 (共著)小野富昭・磯辺知巳・石川明寛・小川貴子・堅木浩樹・三井妹美
     坂本一郎・塚原宏康・徳島貴子・依田哲也・榎本昭二
  【日本顎関節学会雑誌】4巻1号(37-46p)

●1993年
 「口腔癌手術後の口腔機能に関する検討」
 (共著)大塚明子・草間幹夫・高野淳志・田澤興平・草壁英子・塚原宏泰・岸豊子・榎本昭二・吉野邦英
 【耳鼻と臨床】

●1994年
 「顎関節症に対する関節鏡視下剥離授動術について」
 (総説)依田哲也、塚原宏泰、坂本一郎、森田伸、榎本昭二
 【口腔病学会誌】61巻2号(400p)
   
 「顎関節症の系統的症型診断ならびに治療法-新しい1次診断チャートと治療チャートについて-」
 (共著)依田哲也・坂本一郎・塚原宏泰・大仲潤子・秋本規子・井出智恵・依田泰
     小幡宏一・高野淳志・宮村壽一・森田伸・三井妹美・小野富昭・榎本昭二
 【口腔病学会誌】61巻3号(545-464p)

●1995年
 「顎関節症患者の症型とCMIとの関連性」
 (共著)坂本一郎・依田哲也・塚原宏泰・森田伸・宮村壽一・榎本昭二
 【日本顎関節学会雑誌】7巻1号(32-44p)
 
●1995年3月
 「顎関節症症型別Amfenac Sodium(Fenazox)とEthyl Lofazepate(Meilax)の併用効果について」
 (共著)坂本一郎・依田哲也・塚原宏泰・森田伸・小幡宏一・榎本昭二
 【日本口腔外科学会雑誌】41巻3号(224-232p)

ページトップへ