PRGF

PRGF 骨再生治療とは

PRGFとは、Plasma Rich in Growth Factorの略で、増殖因子(成長因子)を多く含む血漿のことです。最近、組織の再生に大変有効であることが報告され注目をあびている治療法です。この治療法は口腔領域では、1990年代後半より報告されているものですが、最近では美容外科や形成外科での使用がマスコミにも取り上げられご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

増殖因子(成長因子)とは

骨やさまざまな組織の修復や再生メカニズムを促進するタンパク質で、組織の修復、再生過程の鍵となるすべての細胞の増殖と分化を誘発します。また、細胞間の情報を伝達するタンパク質でもあります。

PRGFはどのような時に使われるのか

このように成長因子を豊富に含んだ血漿を、損傷したり、欠損した組織に使用することで、組織の治癒や再生を促進するのです。
歯科、口腔領域だけではなく以下のようなさまざまな分野で使用されています。

歯科・口腔外科
抜歯後、インプラント周囲組織、上顎洞挙上、歯周病などに伴う歯周組織の欠損
整形外科
骨、筋、腱、靭帯、軟骨などの損傷
皮膚科
皮膚の損傷や火傷
美容外科
しわとり
その他
眼科、一般外科、形成外科、血管外科など

当院では、歯周病だけでなく、インプラント治療やインプラント前の骨増生、抜歯後の治癒の促進など様々な再生治療にPRGFを使用しております。
PRGFは患者さん自身の血液から、その場で作ることができ、ご自分のものなので安心、安全です。
院長はPRGFの日本における第一人者で、様々な講演、セミナー、執筆活動を行っています。

当院でのPRGF 骨再生治療事例

PRGF骨再生治療を用いた症例を一部ではございますがご紹介致します。

症例01

歯を抜いたところ(抜歯窩)にPRGFクロットをいれました。抜歯後3ヶ月ほどで抜歯窩の骨の再生がみられます。

PRGF 骨再生治療についてもっと詳しく

PRGF 骨再生治療についてもっと詳しく知りたい方は院長ブログ(不定期更新)をご覧ください。

ページトップへ